その先で花は咲くだろう

人生の半分ジャニヲタやってる人の徒然記。関西のアラサーアイドルが作る空気と音を愛してる。

渋谷すばるがいない未来

本当にお久しぶりです。

もうさっぱりヲタ卒したのかな自分ってくらいに彼らに関心が

向いてなかった私ですが、Twitter見ていてたまたま目にした

「すばるくん、、、」という文字。

一瞬にして「え、なに????何かが起こってる???結婚??」

って思考回路大パニックでした。嫌な予感がしたのも事実。

背筋が凍るってこのことかと。

 

急いで久々にヲタ垢覗いた。

むしろ結婚発表であって欲しかった、、、

嫌な予感した瞬間、この最悪の未来が脳裏によぎったのも嘘ではないけど

それはないだろって思ってた。近年の彼を見てたら数年前感じてた不安は

微塵も感じなかったから。

 

まさかの『事務所退所』の文字。

どうせどっかのガセネタ、週刊誌ネタだろ、、、って思いつつも

TLの空気感からそうじゃないことを悟る、、、

情報源はどこ??って数ヶ月ぶりにwebを開いたりファミクラのサイト行ったり

いろいろ調べてるうちにファンクラブサイトにコメントがあると。

 

読み始めた瞬間に涙がボロボロと出てきて止まらなかったです。

それが本人達の言葉であるのが痛いほど分かったし

それを読んでしまってる以上、これを真実として受け入れなきゃいけないから。

それでも目に映る文字はどこか現実味がなくて

私は今何を読んでるんだろう??渋谷さんが辞める?関ジャニ∞から離れる??

そんなことありえなくない??って思いだけが頭から離れませんでした。

 

ちょっと信じられない、、、無理、、、嘘でしょ?ねぇ誰か嘘と言って、、、

って考えてる間に記者会見があることを知り、ますます引き返せない現実の中に

いるんだと知らされる、、、

そうこうしてるうちに会見の模様がテレビで流れると。

チャンネル合わせて待機すること数分。

会見なんて始まるなと思うしかなかった。

 

そんな思いも虚しく始まった会見。

7人が入場してきた瞬間に決壊した私の涙腺。

渋谷さんの口が開いた瞬間に次に発せられる言葉が怖くて聞きたくなくて

耳を塞いだし声をあげて泣いた。

その大好きな彼の口から出る言葉を全身で拒否したのは

彼と出逢って13年、初めての出来事だった。

最初彼が話した言葉はファンクラブのサイトとほぼ同じであったけど

その後の他のメンバーの言葉とか全員の顔とか見てたら

もう涙は止まらないし、でも真実なんだ夢じゃないんだって

悔しいけど理解できてしまった。

 

13年も追いかけれいれば、彼の浮き沈みは死ぬほど見てきたし

何度もこの人はここからいなくなるかもしれないと不安に駆られたことはあったし

いつの日かこんな未来が訪れること、心のどこかで覚悟してたのも事実。

でも最近の彼を見て、もうそういう心配も覚悟もいらないのかもなぁ

って思ってたのも事実だから頭がついていかなかった。

 

でも彼らの目を見て言葉を聞いてたら嘘でも冗談でも中途半端な気持ちでもなくて

たくさんたくさん考えて考えて覚悟背負って今目の前の記者会見に臨んでるのくらい

悔しいけど明白でした。

 

そこから記者会見の全文とかが流れてきて全部読んだし理解もした。

自分なりに気持ちを整理させたりもした。

けどやっぱり理解できない理解したくない。それが一番かな。

 

応援はもちろんするし、大好きで愛してやまない彼らが決めたことなら

全力でついていくし見守る覚悟なんて何年も前から腹括ってるけど。

怒りの気持ちとかは全くないし、理解できないと憤ることもないけど

知る限りの彼らの性格とか彼らの生き方考え方とかは重々理解してるからこそ

彼らの今回の決断も理解できた。もう何も消化不良はなくこの決断できたんだなって。

 

だけど、やっぱり理解できないし理解したくない。

今はそんな気持ちでいっぱいです。

 

誤解を恐れずに言うなら、関ジャニ∞渋谷すばるのためにあると言っても

過言じゃないと思ってましたし、メンバーもそう考えてる節があると思ってた。

だからこそ、今回解散を選ばないでいてくれた決断は嬉しかった。

けど本当に渋谷すばるがいない関ジャニ∞は成り立つのかな、、、

そう考えてしまう自分もいます。

 

逆境に強い彼らだからこそ、きっと乗り越えてくれると信じてるし

乗り越えていく彼らを応援したい。

 

でもやっぱり関ジャニ∞渋谷すばるという唯一神がいてこそなんですよね。

そうだと信じてやまなかった。

 

渋谷すばるがいない関ジャニ∞も愛せる自信はあります。

関ジャニ∞じゃない渋谷すばるを愛する自信もあります。

 

でもやっぱり不安でいっぱい。不安な気持ちはみんな一緒。

6人でスタートする本人らも不安だろうし、1人でやっていく渋谷さんも

不安は0ではないでしょう。

 

でも彼らならきっとこの先も成功してくれると信じてる。

大丈夫だって言える。

 

 

そうは思ってもやっぱり渋谷すばるがいない未来は見えないし

まだ見たくはないです。

 

 

これが真実だと本当に理解するまで

まだたくさん涙を流すだろうしたくさん時間もかかるでしょう。

 

 

とりあえずまとまってないけど今の気持ちとして置いておきます。

 

 

 

こんな未来が本当に来るなんて思いもしなかったけど

それでも想像しなかった未来にいた彼らは紛れもなく私が愛してやまない

関ジャニ∞でした。それだけは嬉しかったです。