その先で花は咲くだろう

人生の半分ジャニヲタやってる人の徒然記。関西のアラサーアイドルが作る空気と音を愛してる。

雪の華

 

おはようございます(o゚∀゚o)

バイト先の4年生送る会があった関係でリアルタイムで関ジャム見れず、昨日の夜やっと全部見終わりました!

 

まあ音大に関してのコーナーは特筆すべき点はないかなぁって感じなので(笑)お金持ちスゲーーーーーーってことでしょうか(笑)やっぱり世の中お金だなあってつくづく思いますね。よく愛とお金どっちが大切かみたいな問いあるじゃないですか、持論としては断然お金って答える派です(笑)まあその話はまた今度。笑

 

何と言っても言いたいのは神セッションだった

雪の華/中島美嘉

 

今回珍しく渋谷さんド緊張だったそうで「久々に震えた。おしっこちびりそうだった」って本人も言ってました(笑)その緊張感が痛いほど伝わってきましたね。特にひなちゃんの緊張が凄まじかった。何年か前のまだカヴァコラとかやってた頃のキーボードの弾き方で肩に力が超入ってて指も震えてたし、こんなヒナ久しぶりだなぁって思いながら、すごいヒナちゃん上達・成長したんだなぁなんて感じてしみじみしたりw

 

渋谷さんも緊張が歌に影響したりとかはもちろんしてなくて、やっぱりさすがだなって思ったけど、顔の表情とかいつもより硬かったし気持ち良く歌ってはいるけどいつもみたいにのびのびと自分のなすがままにみたいな感じはなくて、置きにいってるって言ったら言葉は悪いけどなんて言うんだろ恐る恐るってのも違うしなんか上手く言葉に表せないんですけど、緊張してるんだろうなってのがひしひしと伝わってきました。

 

その反面、ヤスはdesireを彷彿させるような優しい包み込むような器の大きさが分かる眼差しで渋谷さんを見つめながら気持ちよさそうにギター弾いてましたね。あの渋谷さんを見るヤスの眼差し見て久々にゾクゾクしました。なんか分からないけど。やすばだあああって。やすばの復活の兆しの一片をまた見れた気がして勝手に興奮してましたw

 

たつもマルちゃんも緊張感保ちつつも安定感バッチリに演奏していて、この2人もまたこの番組ですごい鍛えられたんだなって感じたし、こんな安定感抜群の2人が底辺を支える関ジャニ∞ってバンド強すぎるなってすごい感じてこれまたゾクゾクしました。

 

きっとみんな緊張してたんだろうけど、その中で一番緊張してたのがきっと渋谷さんで。それの影響をもろに受けちゃったのがヒナちゃんで。でも大山田の3人はバンドの支柱である渋谷さんが緊張で普段とちょっと違っていても、もうそれに左右されることなくむしろそんな渋谷さんを後ろからガッチリ支えられるようになったんだなあとか思ったりもして。ああ本当に関ジャニ∞ってバンドは強くなったなって痛感しました。これからがとっても楽しくなった。そんなセッションだったなぁ。

 

あ、言いそびれてたけど渋谷すばるの歌声の素晴らしさはもう言葉には表せないほどでした。本当に。年々歌い方のバリエーション増えていってるなって改めて思いましたね。あとこの人は本当に歌うことしかないなっていうか。歌うことをこの人から奪わないでって。歌うために生まれてきた人だって久しぶりに感じました。笑

 

しかもTwitterで音楽系のプロの方(何の人か忘れたw)に渋谷さんの歌声褒めて頂いてのがあってもう超嬉しかったですね!!!私のTLで何人かが言ってましたけど、一般人に見せたい渋谷すばるだと。いや本当にそうで。もう自慢して歩き回りたいくらい。でもソロライブやり始めた頃から一緒にツアー回ってくれたプロのバンドの方々をはじめとして今回もそうだし徐々にプロの方々に渋谷すばるの凄さが伝わってきてる気がします。まだまだ時間はかかるかもしれないけどそうやって徐々にちょっとずつ渋谷すばるの凄さが伝わりつつある今、一般人に見つかる日もそう遠くはないのかなって感じがしてもう本当に涙が出るほど嬉しいしワクワク・ゾクゾクします。本当に。

 

 

最近の関ジャニ∞の「上へ上へ」思考が戻ってきたってこの間書いたけど、それらも含めて最近の関ジャニ∞には期待がたくさん持ててそう思わせてくれる片鱗が色んなところに散りばめられててもう本当にこれからどんなものをどんな景色を見せてくれるんだろうって楽しみでしかないし、今回のセッションもまたその片鱗の一つだったなって思います。

 

まとまらないんですけど、とりあえずここで。

 

 

 

改行うるさいなってふと思って改行せずに書いてみたけど

どっちが見やすいんだろうか・・・笑