その先で花は咲くだろう

人生の半分ジャニヲタやってる人の徒然記。関西のアラサーアイドルが作る空気と音を愛してる。

その先で花は咲くだろう

おはようございます(´ー`)

朝っぱらから何やねんって感じですけどw

書きたい欲が止まらないのでお付合いください|ω・`o)ノ"

 

 

 

タイトルはこのブログの名前にもなってる『その先で花は咲くだろう』

まあピンと来てる人も多いとは思いますが

これは『ONE』の歌詞の一部です

サビの最後かな

 

私はこの『ONE』って曲が大好きです

関ジャニ∞の楽曲の中で一番好きです

これを関ジャニ∞の曲と言っていいのかって話ですけどね笑

何度もこの歌に助けられ救われてきました

よくこれ聞きながら夜歩きながら大泣きしてた時期もあります

それくらい私にとって大切な曲です

これ生で聴くまでは死ねないって本気で思ってます

うん、長年eighterやってますけど未だに聞いたことないんです悔しいことに笑

多分聞いたらいろんな意味で死んじゃうと思うんですけど笑

 

そんな大好きな曲のなぜこの『その先で花は咲くだろう』って

部分をタイトルにしたのかというとね

 

私が関ジャニ∞に興味を持った2006年の頃って

まだまだ関ジャニ∞の一般的な知名度はほっとんどなくて

中学生とかだったからってのもありますけど

同級生で他のジャニーズ好きな子とかには関8が好きだというと

えーーーwwwみたいな感じで笑われたりしました

 

当時の彼らも口癖のように「売れたい」「なんで売れないんや」

みたいなことラジオとかで散々言ってました

「もっともっと上へ」そんなハングリー精神剥き出しだったんです

 

私は関8を好きになったのはビジュアルとかではなくて

グループが作り出す温かい人間味ある雰囲気に惹かれました

好きになった当初、カッコイイって思うの亮ちゃんくらいでしたし実際。笑

 

雰囲気から派生してメンバーの仲の良さだったり

信頼関係などのメンバー間それぞれの関係性だったり

このハングリー精神だったり

そういう精神的な面でまるっと好きだったんですね

 

当時も「売れたい」の明確なゴールなんて分からなかったし

ファン心としては有名になってほしくないって感情も多少はあるじゃないですか

それでも彼らが「売れたい」って言うならそれを素直に応援したいし

こんなに魅力的なグループなのに何でみんな知らないの!!

もっともっと売れろ1!!って本気で思ってました

 

私はそういうハングリー精神剥き出しで上へ上へって

突っ走ってる彼らが大好きで

それに振り落とされないように全力で付いて行きたいって

ずっと思ってるんですね

 

 

でもここ数年、知名度も人気も色々な面から見ても

きっとあの当時思っていた「売れたい」のゴールには辿り着いたと思うんですね

彼らからそういう昔のハングリー精神みたいなのがなくなったな

って感じることも多々ありましたし

 

正直私はそういうちょっと落ち着いてしまった関ジャニ∞

魅力を感じなくなってた時期もありました

 

でも最近また「もっと上へ上へ」って感情を言葉の節々に感じます

新年会とかが良い例ですよね

 

それを見て聞いて少し安心したと同時に

そんな彼らをまだまだ見て行きたいって強く思ったんです

エイタメで関8への熱が復活して今こうしてあふれる思いを

拙い言葉で垂れ流してるわけです

 

 

私は関ジャニ∞はまだまだだと思ってます

何が明確なゴールかは私にも分かりません

でも「まだ行ける」「もっと行ける」「もっともっと大きくなった姿を見たい」

そう思い続けてます

 

10年前と比べたらもう大輪の花が咲いてるのかもしれないけど

私はもっと大きなもっと綺麗な花を彼らなら咲かせることが出来ると思うし

その花を見たいと思ってます

 

だから、最近また上を向き始めた彼らの

「その先」で「花は咲くだろう」って願いを込めて

こんなタイトルになりました

 

 

 

上手く書けないし、上手く書くにはもっと色んなことを

書かないといけない気がするんですけど

それしたらまとまらなくなるのでこの辺で。笑

 

 

ちょっとずつ想いを紡いでいけたらいいなと思っております

 

 

まあ自己満の備忘録がベースですので。ご了承ください。笑