その先で花は咲くだろう

あの日描いた夢はまだこの手の中のないけど

Half Anniversaryの配信を見て

おはようございます(^ ^)
本日は滝沢歌舞伎ZEROの円盤発売日ですね
私は初回限定版を求めて始発で家を出て2時間超の旅に出ておりますw

つい最近沼落ちした私は円盤が出ることを知ったのもつい最近ですし(なんなら数日前)、発売されたら買わなきゃーくらいの温度感だったんですねwそんな中昨日の夜に友達がフラゲしたーって写メ送ってきて「あぁ!そうだ買わねば!」となって検索するもどこも完売の文字…かろうじてAmazonにて通常盤は予約できましたが収録内容を見ると初回限定版にのみドキュメンタリー映像が入っていると・・・これはどうしても欲しい!となり夜21時過ぎにひたすらにレコードショップのネットページを歩き回り、店舗在庫を確認し◯となってる店舗に片っ端から電話をかけて行きましたwその結果、なんとか見つけ出し今向かってるということですwただ取り置きとか出来てるわけじゃないので、確実ではないので今は手に入るのかドキドキの状態ですww


前置きが長くなりましたがwブログに書き残したいことは山ほどあるのに、自分の感情の言語化のスピードが追いつかないwwwとりあえずHalf AnniversaryのYoutube配信の感想から書いていきます〜

バラエティの所は一旦端折りますがwとにかくセカンドシングルがやばかった・・・

「KISSIN' MY LIPS」

えちえち過ぎて何回妊娠したか分からない・・・
初めて見た曲でもなかったけど沼落ちしてからちゃんと見るのは初めてで・・・
まず衣装のスーツがえっちぃ。康二のちょっとだぼっとしてはいるけどスタンダートなスーツにリアコを感じて爆発したし、前髪長くて左目が常に隠れていて伏し目がちの目線も本当にエロ過ぎた・・・特に1番のサビのど頭で、康二が最前で踊るじゃないですか、その時の振りで唇に指あててなぞる感じの振りが本当に性癖にぶっ刺さりまして身籠りました(おい)本当にツボすぎて何回見たかもうわからないくらい見てる・・・あと2番?のサビで椅子に座りながら腰揺らすのも犯されてるし(いい加減にしろ)本当に最高すぎますね。とにかくマルチアングルが早く見たい・・・康二の一挙手一投足全て目に焼き付けたい・・・

「Storys」

そして2曲目ですね
キッシンもそうでしたが、翔太の声が良い!低音で本当に軽率に「好きっ、、、」と心の声が漏れるw沼落ちしてく中でいろいろな情報を見てく中で、どこかで見つけたのが翔太が「将来SnowManのボーカルと言ったら渡辺って存在になりたい」って言ってたんですね。その時はまだ翔太がこんな歌うまいってこと知らなかったので、そのコメントを見てあぁこの子はそういう子なのかって認識でしかなかったんですが、今回の「Storys」聞いて、あぁあのコメントで言ってた将来に確実に近付いてるよって思えて感慨深かったです。私がスノの楽曲を知らないだけだとは思いますが、デビュー曲とかでそこまでボーカルが誰って目立ってないように感じてるのですが、この曲は完全に主のボーカルは渡辺翔太なんだってわかってゾクゾクしました。康二はサビの「この声がこの喉が擦り切れるほどに」の「この喉が」で右下向く振りあるじゃないですか、その時の左のフェイスラインがえっちくて綺麗で何度生唾飲み込んだかわかりませんw


そんなところですかねw
バラエティも大好きですが何より歌って踊る姿が一番大好きなので、この2曲をエンドレスリピートする毎日ですwスノのライブ映像が欲しい・・・円盤出ないかな・・・現場がない分、過去映像でいいから円盤として出してくれれば多少高くても買うんですけどね←

素顔4が手に入らないのが辛すぎますね・・・Jr.版のは手に入れられたのでまた今度感想書きますがスノと関ジュのは無理なので、コロナ落ち着いたらお友達に借りようとは思ってるんですが、見たい・・・あとハピライもお友達に見せてもらったのでそちらも今度書きます〜


あーーネタだけが溜まっていく!笑
ってとこまで書いて初回限定版を求める道中が終わったのですが、無事に激闘(?)を制して、手に入れられました!!!オールして始発で向かったので昼に帰宅してから泥のように寝てましたwwwそして今昨日のドリアイのアーカイブを見終わりw今からやっと滝沢歌舞伎を見始めます!笑

Half Anniversary

2020/07/21

Snow Manのデビュー半年記念日です。

 

まだ好きになって数日レベルなのですが、せっかくのタイミングで迎えるということでお祝いですね。正直デビュー当時のことも知らない遠い星でなんか騒ぎが起きてるなーってくらいだったんですけど。笑

 

 

改めて、デビューおめでとうごいます!そしてデビュー半年おめでとうございます!!

 

苦労人の集まりだから、デビュー出来て本当に良かったし夢を叶える姿はとっても素晴らしいし嬉しいです。けど大変なのはこれから。分かってるだろうけどねw 華々しくデビューしたからこそ、これからが本当の戦いなんだよね。どんなグループになるのか分からないけど、たくさんの夢を叶えていくこと、新しい素敵な景色見せてくれること、若輩者ながら楽しみにしてます。

 

そしてセカンドシングル発売決定もおめでとう!!!!

楽しみだナーーーーーーーー!

掛け持ちとかそういうの

Snow Manという沼に落ちて、とんでもないスピードで情報を吸収していってネトサの鬼みたいな生活を繰り広げていたここ数日ですが、昨日2700字を超える超大作で沼落ちの過程を書いたら少し熱量が落ち着きました。笑 我に返ったというのでしょうかね。

今日はねタイトルの通りというか、何というか新たな沼落ちして思う心の機微みたいなのを残しておこうと思います。こちらも自己満です。というかそもそもブログ自体が全て自己満ですね。


関ジャニ∞を好きになった頃は担当とかいませんでした。グループが好き。その後に渋谷すばるが特に好きってなり担当は渋谷すばるってなりました。彼が脱退した後もその気持ちは変わらないのですが、正直関ジャニ∞じゃない渋谷すばるに対してまっすぐな気持ちだけではまだないのも事実です。渋谷すばる独立後初ライブの初日、幕張も行きました。そこで出会った感情はとても言い表しがたい感情でした。今でも渋谷さんには頑張って欲しいですし、応援したい気持ちもありますが全力で向かい合う心の整理はまだ付けられてないのが事実です。もう2年も経つのにね。笑  渋谷さんが抜けた後の関ジャニ∞ももちろん大好きで応援し続けています。熱量は落ちたし全力で応援することもなくなったのが事実だけど、いつまでも頑張って欲しい。テッペンが何か分からないけど目指し続けて欲しいし何より本人たちが幸せであって欲しい。そう思い続けてます。その中でGR8ESTも十五祭も行きました、ライブ中は基本双眼鏡で野鳥の会してる人なんですが、彼が抜けてからは双眼鏡で追う人がいなくて途方にくれました。そんな中、十五祭では気付いたら安田章大を双眼鏡で追い続けてたんですよね。そこから安田担になりました報告を各所でした記憶があります
。多分今も関ジャニ∞のライブに行ったら双眼鏡で追うのは安田章大でしょう。きっとね。


それで、なんの話かというと、Snow Manという沼に落ちて、私は完全に向井康二担なんですね。正直に誤解を恐れずに言うと、Snow Manというよりも向井康二が好き。向井康二がいるからSnow Manが好き。そんな感じです。もちろんスノが好きじゃないとかじゃないし、他のメンバーでいうとしょっぴーも好き。すぐ目で追っちゃうのも事実。ただライブでうちわ持つのも双眼鏡で追うのも向井康二なんですよね、きっと。


まあそれでね、じゃあそれって安田からの担降りなのかってなるとそうじゃないと思っていて。じゃあ掛け持ちかってなるとそれも違う気がして。じゃあなんなんだって話なんですけど、もう別次元なんですよね。関ジャニ∞は私の人格形成において70%を占めていて、好きとかよりももう愛なんですよね。(突然重い)だからこれ以上好きになることも嫌いになることも多分ない。そういう存在です。


だからこれからも関ジャニおじさん達のことは好きでい続けるし、応援もし続ける。だけどきっと表面的な瞬間的な熱量はそれ以上に向井康二Snow Manを好きでいるし、応援していく。


そんな感じの謎の決意表明でした。

歴史が動いた日

またまた1年ぶりの更新です。年1のがお決まりになりつつありますねw
本当は書きたいことも書かなきゃいけないことも山ほどあると思うのですが
それ以上に歴史が動いてしまったので、全てすっ飛ばして書きます。

絶対ハマらないと思ってたSnow Manにハマりました。

たった1週間前は顔と名前も一致しなかったのに。一瞬でズブズブに。
音を立てて沼に堕ちて行きました。その一部始終を書きます。忘れないうちに。
でも既に沼落ちしてく段階があやふやなので(スピード早すぎてw)ただの自己満です。笑


関ジャニ∞ともジャニーズともだいぶ縁遠くなってました、、、
たまに顔を出すくらいの距離感でした。
ステイホーム期間のハピライ課金したりしてw少し戻りつつも数日でまた距離を置く。そんな感じでした。
7月入ったぐらいからエイトの過去に浸ってはエモエモし始めたんですね
仕事で頭抱える案件があってその現実逃避でしたw

そんな中たまたま覗いたWebの倉スマスでドリライの企画で関ジュが出てたんですね
それをちらっと見ていたのと同じタイミングくらいで前にFODで見たRIDE ON TIMEの関ジュ回を
もう一度見たくなり見直しました。そこで向井康二が気になり始めます。。。
少しでも気になる芸能人がいるとすぐwikiを見る癖がある私はすぐさまwikiへ飛び
向井康二が関ジュからSnow Manに加入した背景を知ります。
正確に言えば多分風の噂程度では知ってました、、、
周りのジャニヲタにスノストに降りてる人は山ほどいましたし
ジャニヲタ界隈がざわざわしましたからねその当時w
この辺までが7月18日(金)の深夜から7月19日(土)の出来事です。

そして7/19は音楽の日の放送でした。

休みで家でゴロゴロひたすらネットの海を彷徨いながらも最初から流し見してました音楽の日
そして気になり始めてたスノストの登場です!何回かさらっと見たことはありましたが
ちゃんとテレビの前で正面から見たのは記憶の限り初めてでした。
それまではなんとなくスノストどっちかって言ったらストだなーって思ってました。
なにせ元かつんヲタですからねw

で、2グループ見終わった瞬間思ったのは、私はスノストならスノだわと気付きます。笑
ちょうど音楽の日のスノストを見る前にライドオン→関ジュ→向井康二の流れで
スノのYoutube大喜利対決の回を見て
やっぱ康二いいわーってなります。笑
そのYoutubeのおかげもあり、スノのメンバーの顔と名前分からないなりにも
向井・阿部・渡辺は認識できるようになります。笑
阿部ちゃんは前に帝劇かなんかで毎日天気予報の日記みたいなの書いてるってのをついったで見てたので
割とすぐ顔と名前が一致しました。笑
そんな中での音楽の日。とりあえず康二かっこいーわーーーってなっただけの時間でした。笑
そして歌終わりのトークで最後誰かが「ゴイゴイスー」って言ったんですね、
この時はまだ康二のネタだとも知らずに、twitterで「誰今ゴイゴイスー言ったのwwww」って呟いたら
フォロワーさんが答えてくれました、康二だよって。笑
あれ?もうこれは好きになるしかなくない????ってなった瞬間でした。笑

もうそっからは音楽の日のスノスト見返して、あぁやっぱ好きってなり
夜通しネットサーフィンをしまくりました。とりあえず情報を頭に吸収しまくる。
とりあえずメンバーの名前と顔を一致させる。Youtube見ながら1人で瞬時に名前当てゲームを
全員答えられるまでひたすらやってましたwwww(キチガイ

そんな中(というかもう音楽の日の前か後か忘れたけど)wiki
Snow Manを調べてた時に読んだ一文が私を沼にズッサーーーーって落としたんです。
それが9人になった時の話で、新しい3人を迎えるにあたって、
「このグループを守りたかった」
「このグループで頭1つ抜け出すには新しい3人を受け入れることが必要だと思った」
などという元々のメンバーの言葉で一気に落ちた気がします。

私の人格は7割関ジャニ∞によって作り上げられました。
だからね、泥臭いのとか苦労人とか下克上みたいなの大好きなんですよね。

そっから音楽の日から明け方までひたすら向井康二Snow Manについて動画を見まくりました。
仮眠をとって昼から仕事行って、夜帰ってきてからもまたひたすら見まくる。
次の日の月曜日は休みだったんでね
月曜日も寝て起きては動画を漁りを繰り返して1日が過ぎて行きましたwwww

そんで廃人を極めた結果、

向井康二担に見事になりました!!!

そして渡辺翔太も好きになり、康二を追っかけて関ジュも見まくってたら
ミッチーこと道枝駿佑くんに大西流星くんも
推したいなぁって気持ちになってる現在2020年7月22日水曜日の深夜2時半でございます。笑

ちなみに康二に関しては同い年だと知ってなぜかリアコが爆発してのめり込んだ感もありますが、、、笑
まぁまだなべしょはね年上と同い年だから自分のおじさん厨じゃない面もあるんだなぁくらいで
納得出来るんですがまさかのミッチーと流星は年下もいいところ!!まだ未成年!!!
そんな子を推す日が来るとはね、、、、
まぁなにわの2人に関して抱く思いとしては康二と一緒に愛でたいーー〜って感じの感情ですが笑


そんな感じでジャニヲタ15年やっておりますが
ここ数年はいつヲタ卒しようか、むしろこれはもうヲタ卒してるのでは??
っていう状況を長らく過ごしてきたわけですが人生何があるか分かりませんね、、、
本当に自分が自分で一番びっくりしてる。。。


そして人間っていうのはこんなにも猛スピードで転がり落ちるんだなっていう。笑
いやぁあ久々に楽しい、アドレナリンというか知らないこと全部吸収したい!!!っていう貪欲さがMAXに放出していて
多分マジで仕事以外の時間ほぼ全て携帯かipad握りしめてた気がするこの数日間。笑
このとんでもない勢いで新しい沼を開拓するのは小学校5,6年生ぶりなので本当に14,5年ぶりwww
久々に味わう感情すぎてめちゃくちゃドキドキしたwwww
でも確実に2020年で一番今が楽しいです。
恋はタイミングっていうけどヲタクもまさにその通りすぎて。


この熱が一体いつまで続くのか分かりませんが笑
この怒涛の数日をどうしても忘れる前に残しておきたくて書いてたら2660文字にもなりましたwww
もし仮にここまで読んでくださった方がいたら、拙い文章をお読みいただきありがとうございました。
そしてお疲れ様でした!

二歳になってみて

もう1年以上ぶりの更新ですね。

去年の7月のあの最後の日もその後に見た6人の生の姿のことも

晦日に名前が消えたことも十五祭の初日札幌に行って死ぬほど楽しかったことも

書きたいこと山ほどあるのに書けないままでいました。

 

今回書くまでに至ったのは心のモヤモヤが爆発しそうになってるから。

本当は私事でモヤモヤしてるけど、とりあえずこれを書こうかなって。笑

 

二歳の発売が発表されましたね。

今年の春くらいから徐々にいろいろなことが公になっていき

ホームページが出来たりFCが出来たり生の声を聞くことが出来たり

嬉しい反面ね、正直心が付いていかないんですよね

だって脱退を聞いた時にこの人が生きてるかどうか確認できなくなるって

覚悟したんだから。もう一生歌声聞けないのかもなって。

だからこそ、そうならなかったのは嬉しいんだけど、まさかこんな早くに

表に出てくるなんて想像しなかった。

でもあまりにも早すぎて、これって関ジャニ∞にいたら出来なかったことなの??

って疑問で頭がいっぱいになって破裂しそうになる。

わかってるよ、わかってるつもりだよ

看板のないところで、何もしがらみがないところで一からやりたかったんだよね

今までと違う環境に身を置きたかったんだよね

全部全部わかってる、それを否定するつもりもない。

 

だけどやっぱり心は追いつかない。

人生の半分以上を共に過ごして心身ともに救い救われてきた仲間たちと離れてまで

やりたいことって何?愛する場所を捨ててまでやりたいことって何?

そんなの私なんかが知ることなんて金輪際ないんだと思うけども。

私が大好きだった形がグループがなくなるのが辛いからって理由だけで

本人の決断をとやかく言うなんてただのエゴでしかないんだけど。

 

それでもやっぱり思ってしまう。

 

どうして7人全員が同じ道を歩む世界にならなかったんだろう

 

誰のせいでもないし彼らを愛する気持ちは変わらないのに

どうしても負の感情が付き纏ってしまう。

 

 

6人の姿に慣れつつある自分もいて、それもまた寂しいし悲しいし悔しい

渋谷すばるのことを忘れてるような気がして

 

 

何だか着地点ないのでこの辺で終わりにしときますか、、、

モヤモヤの原因これじゃないしなw

これじゃただの八つ当たりだわ笑

 

 

でもこの想いも事実だから備忘録として残しておく。

 

 

久々に自分のパソコン開けたわw

いろいろ整備しないといけないなーーーーー

仕事も山積みだし(モヤモヤの一番の原因w)

ハーーーーーがんばろ!!!!!

 

 

 

渋谷すばるがいない未来

本当にお久しぶりです。

もうさっぱりヲタ卒したのかな自分ってくらいに彼らに関心が

向いてなかった私ですが、Twitter見ていてたまたま目にした

「すばるくん、、、」という文字。

一瞬にして「え、なに????何かが起こってる???結婚??」

って思考回路大パニックでした。嫌な予感がしたのも事実。

背筋が凍るってこのことかと。

 

急いで久々にヲタ垢覗いた。

むしろ結婚発表であって欲しかった、、、

嫌な予感した瞬間、この最悪の未来が脳裏によぎったのも嘘ではないけど

それはないだろって思ってた。近年の彼を見てたら数年前感じてた不安は

微塵も感じなかったから。

 

まさかの『事務所退所』の文字。

どうせどっかのガセネタ、週刊誌ネタだろ、、、って思いつつも

TLの空気感からそうじゃないことを悟る、、、

情報源はどこ??って数ヶ月ぶりにwebを開いたりファミクラのサイト行ったり

いろいろ調べてるうちにファンクラブサイトにコメントがあると。

 

読み始めた瞬間に涙がボロボロと出てきて止まらなかったです。

それが本人達の言葉であるのが痛いほど分かったし

それを読んでしまってる以上、これを真実として受け入れなきゃいけないから。

それでも目に映る文字はどこか現実味がなくて

私は今何を読んでるんだろう??渋谷さんが辞める?関ジャニ∞から離れる??

そんなことありえなくない??って思いだけが頭から離れませんでした。

 

ちょっと信じられない、、、無理、、、嘘でしょ?ねぇ誰か嘘と言って、、、

って考えてる間に記者会見があることを知り、ますます引き返せない現実の中に

いるんだと知らされる、、、

そうこうしてるうちに会見の模様がテレビで流れると。

チャンネル合わせて待機すること数分。

会見なんて始まるなと思うしかなかった。

 

そんな思いも虚しく始まった会見。

7人が入場してきた瞬間に決壊した私の涙腺。

渋谷さんの口が開いた瞬間に次に発せられる言葉が怖くて聞きたくなくて

耳を塞いだし声をあげて泣いた。

その大好きな彼の口から出る言葉を全身で拒否したのは

彼と出逢って13年、初めての出来事だった。

最初彼が話した言葉はファンクラブのサイトとほぼ同じであったけど

その後の他のメンバーの言葉とか全員の顔とか見てたら

もう涙は止まらないし、でも真実なんだ夢じゃないんだって

悔しいけど理解できてしまった。

 

13年も追いかけれいれば、彼の浮き沈みは死ぬほど見てきたし

何度もこの人はここからいなくなるかもしれないと不安に駆られたことはあったし

いつの日かこんな未来が訪れること、心のどこかで覚悟してたのも事実。

でも最近の彼を見て、もうそういう心配も覚悟もいらないのかもなぁ

って思ってたのも事実だから頭がついていかなかった。

 

でも彼らの目を見て言葉を聞いてたら嘘でも冗談でも中途半端な気持ちでもなくて

たくさんたくさん考えて考えて覚悟背負って今目の前の記者会見に臨んでるのくらい

悔しいけど明白でした。

 

そこから記者会見の全文とかが流れてきて全部読んだし理解もした。

自分なりに気持ちを整理させたりもした。

けどやっぱり理解できない理解したくない。それが一番かな。

 

応援はもちろんするし、大好きで愛してやまない彼らが決めたことなら

全力でついていくし見守る覚悟なんて何年も前から腹括ってるけど。

怒りの気持ちとかは全くないし、理解できないと憤ることもないけど

知る限りの彼らの性格とか彼らの生き方考え方とかは重々理解してるからこそ

彼らの今回の決断も理解できた。もう何も消化不良はなくこの決断できたんだなって。

 

だけど、やっぱり理解できないし理解したくない。

今はそんな気持ちでいっぱいです。

 

誤解を恐れずに言うなら、関ジャニ∞渋谷すばるのためにあると言っても

過言じゃないと思ってましたし、メンバーもそう考えてる節があると思ってた。

だからこそ、今回解散を選ばないでいてくれた決断は嬉しかった。

けど本当に渋谷すばるがいない関ジャニ∞は成り立つのかな、、、

そう考えてしまう自分もいます。

 

逆境に強い彼らだからこそ、きっと乗り越えてくれると信じてるし

乗り越えていく彼らを応援したい。

 

でもやっぱり関ジャニ∞渋谷すばるという唯一神がいてこそなんですよね。

そうだと信じてやまなかった。

 

渋谷すばるがいない関ジャニ∞も愛せる自信はあります。

関ジャニ∞じゃない渋谷すばるを愛する自信もあります。

 

でもやっぱり不安でいっぱい。不安な気持ちはみんな一緒。

6人でスタートする本人らも不安だろうし、1人でやっていく渋谷さんも

不安は0ではないでしょう。

 

でも彼らならきっとこの先も成功してくれると信じてる。

大丈夫だって言える。

 

 

そうは思ってもやっぱり渋谷すばるがいない未来は見えないし

まだ見たくはないです。

 

 

これが真実だと本当に理解するまで

まだたくさん涙を流すだろうしたくさん時間もかかるでしょう。

 

 

とりあえずまとまってないけど今の気持ちとして置いておきます。

 

 

 

こんな未来が本当に来るなんて思いもしなかったけど

それでも想像しなかった未来にいた彼らは紛れもなく私が愛してやまない

関ジャニ∞でした。それだけは嬉しかったです。

 

 

7,8年振りに現場のない冬

お久しぶりです(笑)

果たしてこんなブログ読んでる人がいるのか分かりませんが、ほぼ自己満で更新します〜(((((((っ´Ι`)ノ 実際はこんなもの更新する余裕なんてなくて提出が1週間後に迫った卒論を書かなければいけないんですけどねwwww現実逃避しまくった挙句久々にこちtらに行き着いたわけですww

 

結局メトロックの記事は更新することなくw記憶も薄れかけていて、就活が終わったことすらここには書いてなくてwもうどっから何を話せば良いのやらって感じですけど(笑)相変わらず私生活が忙しいわけでもないのに、ヲタクとも関ジャニ∞ともかなり距離を置いた生活を続けてしまっています(´ω`;)

 

ただそんな中で思うのは、もう何年も恒例だった冬にコンサートをやらないという事実だけが無駄に心に沁みて寂しく悲しくなるんですよね。特に私は12月が誕生日でして、毎年誕生日付近が東京ドームなので自分からの誕生日プレゼントとしてチケット手に入れたりしてたのでwそれが今年出来なくて余計に痛感するんですね(笑)考えてみればパッチから毎年冬は現場あったもんね、もっと言えばパッチ前年の2009年だってカウントダウンはあったわけだし。パッチから毎年欠かさず参戦してるわけじゃないけど、2012と2013以外は行ってるからやっぱり違和感。寂しい。冬だから特に。スースーする。笑 現場が恋しいよ〜って現実逃避ついでに叫んでいますw

 

もう春から社会人だし土日休みの仕事じゃないので、ツアー発表されても今までみたいにとりあえずチケット取って何が何でも行く!みたいなこともできないじゃないですか、、、まあ慣れてきたらいろんな術を使って休みはもぎ取るんでしょうけどw今一番怖いのは年明けくらいに春ツアーとか渋谷さんのソロライブ発表されることですね、、、入社して数ヶ月経ってる夏であれば、ある程度調整は出来るだろうけど、入社してすぐは厳しいだろうしって考えると気が重いですwヲタク全然してないのにねww現場だけは別腹なんですよね←多分シングルとか全然追ってなくても(現に今応答セヨは買えてない)現場があるの知ったら余裕で飛んでいくと思うんですよね、いくつになっても。これだけは譲れないというか(笑)謎の確信めいたものがあるので、なんだかんだヲタ卒は出来ないんだろうなって(笑)

 

 

何が言いたいのか分からないけどww卒論だと100文字すらなかなか書き進められないのに、ブログだと900文字もものの5分ちょっとで打ててしまう無駄な能力w文章を打つ良いウォーミングアップだったと思って、ここらでお暇させていただきますw